ダイエットに失敗する人がやりがちな1つのこと

こんにちは、ダイエット研究所|BMI値19に痩せる減量専門家の藤田です。

今回はダイエットに失敗する人がやりがちなことをご説明します。

今回の記事であなたが分かること

ダイエットに失敗する人がやりがちな1つことを知り、やりがちなことをやらないこと(避けること)で、あなたのダイエット成功率が高まります。

ダイエットに失敗する人がやりがちな1つのこと

ダイエットに失敗する人がやりがちな1つのことなんですが、『まず運動しようとする』です。

ダイエットしよう!痩せよう!と思い、いきなりジョギング、ランニング、筋トレをしようとしたりします。

意気込みは素晴らしいとは思いますが、無理をして重い体重のままハードな運動を始めると膝を壊しかねません。体を痛めます。いきなりのジョギングやランニングはオススメできませんし、その他の運動もまずは待ってください。

運動はカロリー消費のために大事ではありますが、順序が違います。

  • 本当にBMI値19まで痩せたければ
  • ダイエット成功後、痩せた後もスタイルをキープし続けたければ

まずは『食習慣の改善』から入ることが大事です。

あまりにもたくさん食べていたら、どんなに運動しても痩せることはできません。何を当たり前なことをと思うかもしれませんが、この事実に真摯に向き合わなければ痩せることはできません。

計算してみるとわかりますが、運動の消費カロリーは大したことがありません。

仮に体重56kgをキープしているぼくが、1時間ジョギングをした場合の消費カロリーは、412キロカロリーです。

スターバックスのココア・ベンティーサイズのカロリーは、644キロカロリーです。

1時間運動したとしても、運動後にスターバックスでココアのベンティサイズを飲むだけで、その運動で消費したカロリー以上の摂取になり、運動が無駄になります。

1時間運動するよりもココアのベンティーサイズを飲む方が圧倒的に楽ですよね。

あなたがもし太っていたら自覚して欲しいことは、太っている人は必ず1日の消費カロリー以上に摂取することが癖になっています。

  • 太っている人:摂取カロリー > 消費カロリー
  • 痩せる人:消費カロリー > 摂取カロリー
  • スタイルキープできている人:消費カロリー = 摂取カロリー

このようになっていますので、太っているあなたは、痩せる人とスタイルキープできている人のようにならなくてはなりません。

ここまで説明すると、摂取カロリーを少なくしたり、消費カロリーを多くするには、たくさん食べないようになることが必要だということに繋がりますよね。

つまり、たくさん食べないようになることには我慢が必要なのでは?と思いませんか?それだったらしんどいし、嫌だよ、と。

たくさん食べないこと(痩せる食事)には我慢が必要かどうか?ということですが、答えはyesでもありnoでもあります

食べることをあまりにも我慢しなければいけないなら、そのダイエットもまた続きませんよね。例え成功したとしてもリバウンドしやすくなります。リバウンドをするならばダイエットが成功したとは言いづらいです。

次回は、痩せる食事やダイエットには我慢が必要なのかどうか?ということをご説明します。お楽しみに。

今回はここまで。ありがとうございました。